隠しページ

世界の外側

ビヤッコバースの人物はみな存在し
各々の幸せを目指して生きているが
「ビャッコパシティが滅ぼされた」
という事件は存在しない

ライツキーパーの人間たちが
歪んだ正義感に倒錯しているということも
フィリア・クルスが世界征服をしていることも
全て彼らの作り話である

自分たちの「好き」の形を追求する3人組
アブノーマル・クリエイターチーム
「ACT-BV(アクトビーヴ)」が狂気の芸術
空想世界・ビャッコパシティを作り

幼い頃に悪役女優に憧れたパシココが
時代の過剰な人権意識で
魔族が悪役を演じられなくなりつつある中
魔族仲間と「劇団咲華魔族」を旗揚げして
自分たちが悪役のドラマを撮り

人の幸せのあり方を考える
小規模な人権団体
「ライツ・フィロソファー」が
彼らの作る芸術に力添えをした

「普通」の道から逸れた
彼らの人生には
常に「問い」がつきまとう

幸せの本質とは何か
自分の優しさはどれほどの人を傷つけるのか
自分には救えない人の線引きはどこなのか

その問いにきっと正解はない
しかし彼らは存在しない答えを
考え続けるだろう

時間は足を止めてくれず
考え、進むことをやめた途端
人は時間に置き去りにされ
やがて死に追いつかれてしまうのだから


出演

-ACT-BV-
(アクトビーヴ)

芥屋肉留
美奴虎・パシン
ヴィクター・マデンス・フランソワ

「正しくなくていい、普通じゃなくてもいい、こんなのがあってもいい」をコンセプトに、アブノーマルな作品を作るチーム。
世の中の「マイノリティ」の枠組みにすら収まれない人に道を与えるのではなく、自分で道を描くための画材となる希望を与えることを目的に活動している。
当初はパシンとマデンスの2人組だったが、彼らのファンであるリサイクルアーティストの芥屋肉留(あくたやにくる)が加入して3人組のチームになった。
その際、チーム名を変更するかを話し合い、パシンの「アクトの部分がアクタってことでいいんじゃない?」という発言により、それまで通りのチーム名のまま活動を続けることとなった。



-劇団咲華魔族-

牧野栗江
カトウ・パシココ
カーリー・マイヤー
ジュリアス・パトラ
アイクラス

芸人の牧野栗江を座長とする魔族の劇団。
彼女の友人であるカトウ・パシココは、幼い頃から映画の魅力的な悪役に憧れ、いつしか自分もそんな役者になることを夢見ていた。
しかし大人になる頃には、世の中の魔族に対する配慮過剰により、かえって「チャンスの平等」が失われ、魔族が重要な悪役を演じられなくなっていた。
パシココから相談を受けた栗絵は、知人の格闘家のカーリー・マイヤーと、イラストレーターのジュリアス・パトラ、そして群生人魚のアイクラスを勧誘し、劇団を立ち上げて自主制作で作品を作るようになった。
彼女たちの夢は、「パシココを最凶最悪の悪役として歴史に名を残す」こと。



協力

ライツ・フィロソファー
シノギフーズ
iCra's



制作

ビヤッコバース

powered by crayon(クレヨン)